築30年の我が家のリフォーム計画を立てています

我が家は来年で築30年を迎えます。
この30年の間に子供が生まれ育って家を離れて、今は夫婦2人の生活を送っているところです。


県外で生活を送っている子供たちがこれから先再び実家に戻ってきて私たちと一緒に生活することはなさそうですので夫婦2人が住みやすいようにリフォームをする計画を立てています。

リフォームをするには資金が必要ですのでいっぺんに何でもするわけにはいかず計画的に行っていきたいのですが、まずは外壁と屋根の塗装をする予定です。

最外壁リフォームは一度15年前に実施しました。

その時は私もまだ若かったので自分で脚立に乗ったり、足場を組んで行いました。しかし今回は昔のように身体は動かずリフォーム作業中に怪我をしてもいけませんので塗装業者かリフォーム業者に作業を依頼します。


我が家は約30年前に作られた住宅街で近所の家も外壁塗装を行っているところが多いので散歩の途中に近所の家を見学しながら作業工程がしっかりしていて腕の良い業者さんを探しているところです。

キズの修理について詳しく知りたいならこのサイトです。

それからオール電化の導入も検討しています。
ガスよりは火事を起こす心配が減るのが一番の理由です。

横浜の浴室のリフォーム情報を探しましょう。

ただしオール電化にすると夜間は安い深夜電力を使えるのですが昼間は一般の電気料金よりも高い設定になっているという事ですので太陽光発電も同時に設置して昼間は太陽光発電の電力で賄いたいと考えています。


もしくは家庭用蓄電池を購入して深夜電力を蓄電し、昼間に使えるようだったら家庭用蓄電池の導入も考えています。そして我が家は畳部屋が3部屋あるのですが、年を取ると畳の上を立ったり座ったりするのはきついのでフローリングの床に貼り替えてイスとテーブルの生活ができるように室内のリフォームを行おうと考えています。

畳部屋は1室だけを客間として残しておき、2部屋を畳からフローリングに変更します。



畳からフローリングへのリフォームはDIYでもできそうなのでリフォーム雑誌を購入して勉強してから来年挑戦してみます。